どのように妊活を行うのか

どのように妊活を行うのか 最近メディアでも話題となっている「妊活」ですが、まず具体的に何をするのでしょうか。
女性なら誰でも子どもを授かることができるとは限りません。無事に妊娠して出産する女性がいるのに対して、なかなか子どもを授かることができず、年齢を重ねている女性がいることも確かです。そのような女性が「妊活」を行います。
具体的に行うことは、運動をしたり、食生活に気をつけたり、月経周期をきちんと把握しておいたりすることです。運動はランニングやウォーキングなどの有酸素運動や水泳が効果的です。
妊活中は体を冷やすことは控えた方が良いので、食事はなるべく体が温まる食材を摂ると良いです。たとえば、にんじん、肉、魚、卵、りんご、和菓子などです。それらの食材をじゅうぶんに加熱することでさらに吸収されて体が温まります。唐辛子などの香辛料を摂取することでも温まります。ただ、香辛料は摂りすぎに注意することが大切です。
月経周期を把握しておくことも妊娠するためには必要な条件です。できれば毎朝、基礎体温を測ることをおすすめします。基礎体温の測定を何か月か続けることで月経周期を予測することも可能になります。
妊活で大切なのは、パートナーと歩調を合わせることです。一人で子どもを産むほど不安なことはありません。パートナーの協力が必要不可欠です。

妊活のための身体つくり

妊活を成功させるためには、日常生活を見直し、日頃から妊娠しやすい身体へと変えていくことが大切です。
妊活の身体つくりとしては、夜更かしを控えることです。卵子を作りだす卵巣は、休息が必要な器官であり、ホルモンバランスの影響を受けやすいとされています。
夜に興奮状態になっていたり、副腎皮質ホルモンの分泌が高い場合は、交感神経が優位となってしまい、副交感神経の働きが鈍くなります。
そのため、仕事をしている場合は、残業や夜の付き合いはなるべく控えるようにし、睡眠をしっかりととるようにします。
夫の精子の運動率の低下や精子量、奇形なども睡眠不足やストレスと関係あるとされているため、夫婦でライフスタイルを合わせるようにするほうがより効果が期待できます。
また、身体の中でも特に下半身を温めるようにします。お尻が手のひらよりもひんやりしている場合は、子宮も冷えている状態です。妊娠しやすくするためには、身体の中から温めることが大切です。
温めるためには、ショーツを重ね履きや腹巻きをする、ホットヨガや岩盤浴などの湿度が多い環境で温めるなどがあります。
寒いと思ったら、臍下とお尻を両側から貼るカイロなどで温めることも有効です。

おすすめの妊活情報リンク

専門家の方から頂いた正しい妊活情報をお届けするサイト

妊活のご紹介