妊活で生活の中で気をつけること

妊活で生活の中で気をつけること 妊活をするためには、生活の中で気をつけなければいけないことがあります。
まず、妊活には冷えが大敵となります。
それは、体が冷えることで、血液の巡りが悪くなり、血液によって運ばれる女性ホルモンが子宮や卵巣に届きにくくなって、女性ホルモンによって正常に機能する子宮や卵巣が正常に機能しなくなり、妊娠しにくくなってしまいます。
まず、生活の中で冷えないようにすることが大切です。
冷えないようにするために矯正下着は、血液の巡りを悪くして、ひえの原因となってしまうため、特に子宮や卵巣などを締め付ける服装は避けて、春や夏の暖かい季節でも腹巻などで子宮の周りだけは暖めておく必要があり、また、食事の中でも身体を冷やす食べ物や飲み物も控えることが大切です。
生活の中で入浴も大切です。
冷えを解消する上に、心身をリラックスする効果もあり、血の巡りもよくなりさらに効果的です。
不規則な生活は月経不順やホルモンバランスを乱す原因となるため避けることが大切です。
妊活のためには、血中コレステロールが高いと妊娠しにくくなるため、血中コレステロールを増やすような食事を避けることも大切です。

要注意!妊活中にしてはいけないこと

わが子を腕に抱く日を夢見て、夫婦で話し合って妊活をしている方、これから妊活を始めようと思っている方にぜひ知っておいてほしいことがあります。
それは、妊活の妨げになり、してはいけないことが日常生活の中にいくつかあるということです。
まず、喫煙です。
喫煙をする両親から生まれてくる赤ちゃんは低体重児のリスクが明らかに高いことが証明されています。
これは厚生労働省からも注意喚起されているのでご存じの方も多いでしょう。
喫煙は血流を悪化させるので妻にも夫にも良くありません。
夫婦のどちらかが喫煙をしていれば、副流煙で喫煙をしていない妻や夫にも影響を与えるのです。
場合によっては、副流煙の方が被害が大きいこともあります。
また過度なダイエットもしてはいけないことの一つです。
太りすぎはいけませんが、バランスの良い食事を摂ることが大切です。
さらに精子を多く溜め込もうと射精を我慢する方がいらっしゃいますが、これは大間違いです。
絶対にしてはいけないことなのです。
精子は3日間で死んでしまうので、コンスタントに射精する方が元気で新鮮な精子を保てるのです。
もう一つしてはいけないことに夫へのプレッシャーがあります。
妻は夫に「今日が大事な日だから頑張って」と、無意識にとプレッシャーをかけがちです。
男性機能は想像以上にデリケートなものなので、無理強いすることはいけません。
このような点に注意して、ぜひ妊活を成功させてください。